文系プログラマーが提案する忙しさの改善策

ソフトウェア開発の仕事が立て込んでくると、仕事が忙しくなります。
その忙しさを解消しなければ、プログラマーは心身を消耗し、仕事が続けられなくなる恐れがあります。
そのため、できるだけ仕事が忙しくならないような、改善を取り入れていく必要があります。

職場の労働環境の改善は、文系のプログラマーの側から何らかのヒントが得られる可能性もあります。
文系出身者は、理系とは異なった視点から課題を分析することができます。効率を求めているがゆえに非効率を生み出しているような部分について、異なる考え方から改善策が見つけられます。
これまで理系出身者ばかりの職場では、うまくいかなくなった労働環境の改善の事例もあります。

しかし、異なるバックグラウンドを持ったプログラミング技術者を採用することで、問題が打破できる可能性があります。
学問の傾向に関わらず、ソフトウェア開発に関わる人が増えている事から、これまでは忙しいスケジュールだった開発現場でも、新たな改善の糸口が掴めるよう変化がもたらされます。そうすれば、激務の開発の仕事で苦労していたプログラマーたちが、忙しさから解放され、人材としての価値を消耗することなく、ソフトウェア開発の仕事が続けられます。

文系で学問を修めている人としても、ソフトウェア開発の仕事が忙しいからと避けるばかりでなく、自身でなければできないような仕事がある事に気づき、チャレンジする価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>