文系プログラマーが年収アップを目指すには

IT業界は慢性的な人手不足に陥っていますので、文系出身者でもプログラマーを目指すことは十分可能です。
しかし、収入において他に水を開けられることは覚悟しておいた方がよいでしょう。
プログラマーの平均年収は400万円前後です。
これがエンジニアになると500万円から550万円程度となります。

一方、全くの未経験でこの業界に入ったのであれば、最初の1年は、年収300万円にも満たないかもしれません。
この差を埋めていくには、周囲の人間以上にスキルを磨いていく必要があります。まずは、プログラミング言語を覚えることからですが、最初に学習するのにおすすめなのが、phpです。これは人間の言語に極めて構造が近いので、語学を学ぶように覚えていくことができます。文系出身にはもってこいの言語だといえるでしょう。
しかも、アプリケーションやwebサイト開発の中心的存在として使用されている需要の高い言語なのです。

しかしそれだけに、使用するプログラマーも多く、これが扱えるだけでは大したアドバンテージにはなりません。
したがって、phpが扱えるようになれば、すぐに次の言語の学習に取りかかる必要があります。複数の言語を使えれば確実に大きな武器になるはずです。
それに、もし文系出身ということで英語や中国語が話せるのであれば、ビジネスがクローバル化する中で得難い戦力として期待されるかもしれません。そうなれば大幅な年収アップも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>