プログラマーは文系出身でも大丈夫な仕事

プログラマーは理系の職業で文系出身者には向いていないと思われがちですが、実際はそんなことはありません。
もちろん、プログラミングでも超一流の世界になれば高度な数学理論も用いなければなりませんが、ごく普通にプログラミングを行うことに関しては理系の知識はほとんど必要ありません。

プログラミング言語を理解するにも一見、理系的なセンスが必要そうですが、文字通りあれは言語でしかありません。
つまり、英語を学ぶのと何の違いもないのです。むしろ、理解するだけなら英語よりも簡単だと言えるでしょう。

それに、文系的な能力が意外に役に立つ場面もあります。
IT業界における開発の仕事は、ひたすらプログラミングだけをすればよいというわけではなく、その意味する所が他人にも理解出来るように、並行して仕様書も書かなければならないのです。
これが結構、仕事の重要な部分を担っており、文章作成能力によって仕事の効率が大きく左右される場合があります。

さらに、プログラマーのキャリアパスを考えた場合、やがてシステムエンジニアとなり、そこからプロジェクトマネージャーを目指すというのが普通の道筋です。
しかし、理系出身のプログラマーには技術一筋で、プロジェクトマネージャーのような管理職を目指すことに違和感を覚える者が少なくありません。
したがって、プロジェクトマネージャーに至るキャリアパスを望んだ場合、意欲の高い文系出身者にチャンスがあるとも言えます。
文系だけどプログラマになるという選択肢を選んだあなたに最適なサイトはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>